フィンペシアによる増毛効果|薄毛の原因を理解して悩みを解消しよう!【植毛と増毛の違い】

フィンペシアによる増毛効果

サプリを飲もうとする人

内服薬による治療方法

薄毛で悩んでいる人は多く、植毛や増毛によって改善を考えている人がいます。しかし、他にフィンペシアなどの内服薬による治療方法もあります。最近では、通販サイトでの購入も可能となります。

飲み続けよう

フィンペシアは継続的に服用することで効果が現れる内服薬になります。したがって、毎日飲み続けることが大切です。また、副作用として肝機能低下を引き起こす可能性があるとされています。しかし、適切な方法で服用すれば問題ありません。

飲むタイミングについて

飲むタイミングは朝が良いとされています。また、フィンペシアを飲む際には水で服用するようにしましょう。フィンペシアの持つ効果が化学反応によって打ち消されてしまう可能性があるためです。

男性が薄毛になる原因TOP3!

no.1

男性型脱毛症(AGA)の進行

一番多い原因とされているのがAGAによるものです。男性に多いとされているのは、男性ホルモンによって引き起こされるためです。男性ホルモンによって頭皮と毛髪が化学変化を起こし、髪の成長を抑制してしまい、薄毛が進行します。

no.2

炎症性脱毛症によるもの

第2位は、炎症性脱毛症によるものです。主に、カラーリングやパーマなどの刺激の強い薬剤による頭皮へのダメージが原因です。また、シャンプーの回数が多すぎるなどの影響で頭皮が乾燥してしまい、炎症を起こしてしまう場合もあります。

no.3

日常生活によるもの

第3位は、日常生活が原因となる場合です。喫煙や飲酒、食生活の乱れは頭皮に大きな影響を及ぼします。血行不良や栄養不足などにより薄毛を引き起こしてしまいます。また、適切に睡眠をとっていない場合も毛髪に悪影響を及ぼします。

薄毛に良い食べ物を紹介します!

納豆は栄養素が豊富

納豆は薄毛対策になる食べ物だと言われています。納豆にはたんぱく質が豊富に含まれており、また、イソフラボンには薄毛の進行を抑制する働きがあります。ナットウキナーゼには、血行を良くする働きがあり、頭皮の血行を良くすることで薄毛を予防できると言われています。

亜鉛が多く含まれる牡蠣

亜鉛が不足してしまうと薄毛になってしまうと言われています。髪にはたんぱく質が欠かせませんが、亜鉛が不足するとうまく作られなくなってしまいます。牡蠣には多くの亜鉛が含まれているので、薄毛予防に繋がります。日ごろから意識して摂取するようにしましょう。

ビタミン豊富なレバー

レバーには頭皮環境を良くするビタミンAが多く含まれています。また、頭皮の新陳代謝を促進するビタミンB群が豊富に含まれており、皮脂を改善することができ、結果的に薄毛を予防することができます。レバーを食べて、薄毛の原因となる皮脂を無くしましょう。

ビタミンEを含む高野豆腐

高野豆腐には豊富な栄養素が含まれています。ビタミンEにはスムーズに栄養を送るように血管を拡張する機能があります。また、男性ホルモンの分泌を抑制するイソフラボンや、髪の主成分であるたんぱく質を含んでいるので薄毛対策に適した食べ物となっています。

緑黄色野菜はビタミンの宝庫

髪を健康的に保つためには、ビタミン類が欠かせません。緑黄色野菜は、ビタミンを豊富に含んでいます。頭皮環境に良いビタミンAや、頭皮の新陳代謝を活性化するビタミンB2を多く含んでいます。調理する際には、茹でるのではなくて、油で炒めた方が効果が期待できるとされています。

広告募集中